【コピーライティングの始め方】ネットビジネスで稼ぐための基本的シンプル学習法

更新日:

コピーライティングを学び、始める方法。コピーライティングを学ぶことは報酬への堅実な1歩!

 

どうも、アンドです。

 

 

今回は、質問されることが多い

コピーライティングの学習方法について

お伝えしていきます。

 

 

ビジネスでは、

コピーライティングを学ぶことは必須です。

 

 

実際に私もブログで収益を得るようになったのも、

コピーライティングを多少なりとも、

おかげだと実感しています。

 

 

これからコピーライテイングを学び始める方にとって、

まずは基本的な部分から、まずは説明し、

シンプルな学習方法について解説していきます。

 

 

コピーライティング 意味と重要性

 

コピーとは、

商品・商材・サービスなどを購入や登録を促すための文章で、

 

 

コピーライティングは、

その文章を作るための技術のことを指します。

 

 

コピーライティングを習得、上達するということは、

これからのビジネスにおいて

報酬を大きく左右する部分となります。

 

 

例えば、1つのブログ記事から、

100人の読者が1人が購入してくれる

購入率1%の記事があるとします。

 

 

その記事で紹介している商品の報酬が1件1万円とすると、

記事を100人に読まれて1万円となりますよね。

 

 

そこにコピーライティングが上達し、

購入率が1.5%になると、

 

 

単純計算、報酬は1.5倍となり、

75名に読まれると1万円の報酬。

 

 

2%になれば50人の読まれると1万円、

100人だと2万円となります。

 

 

コピーラティングを習得することは、

今後のビジネスで得られる報酬額を大きく左右します。

 

 

トップのコピーライターや、ネットビジネスで、

高額報酬を得る人の大半の決まり文句のように、

 

 

コピーがしっかりしてれば、何でも売れる

というのはホントのこと。

 

 

さらに最近では、ブログ記事意外にも、

動画や音声での販売もありますが、

 

 

動画にしても音声にしてみシナリオを準備する時点で、

コピーライティングの力は必要となります。

 

 

コピーライティングを学ぶには

一朝一夕では難しいかもしれませんが、

 

 

長い目で見てもこれから稼ぎ続けたいを考えるなら、

必須なスキル、技術になります。

 

コピーライティングでの専門用語

 

コピーライティングを書籍や商材で学ぶ際に、

ちらほらと専門用語が飛び出すことがあります。

 

 

ですので、前もって専門用語を知っておいて損はありません。

 

フックとは?

コピーライティングでの「フック」(hook)とは、

その言葉に心がひっかかり、気になってしまい、先を読みたくなる言葉、文章のこと。

Persona(ペルソナ)とは?

商品や商材・サービスを紹介するに、ターゲットとする

1人の理想的な顧客像のことです。

 

それをマーケティング用語で「ペルソナ」と呼ばれます。

レターとは?

セールスレターとも呼ばれ、1つの商品や

サービスを1つのページで紹介したものです。

ブレッドとは?

別に商品を売るときに限らず、

人を動かすためにブレットはとても有効な手段の一つです。

 

ビジネスとして商品を売りたい場合、

「この商品を購入することによってどうなるのか」について

見込み客に対して提示する箇条書き(小見出し)として表記する方法。

 

ブレット、またはボレットと表記されることもあります。

バケットブリゲートとは?

英語で「バケツリレー」の意味で、次々に文節から文節、

単元から単元へと読みやすくする手法を総称したものです。

パーソナライズ化とは?

個々人の興味・関心・行動に合わせてサービスを最適化する概念

ABテストとは?

ある一定期間にセールスレターなどを2パターン用意し、

どちらが効果的に成果を生み出すか検証すること。

 

ページ全体を変えるのではなく、ヘッドコピー、キャッチコピーのみ

変えるなど、一部分のみを2パターン用意し、検証すること。

セールスコピーとは?

即売り上げに直結する、「物を売るため」に作成された文章で、

主にダイレクトメールなどに使われます。

ほかにもコピーライティングについての

用語はたくさん目にすることが、

これからたくさんあるかと思います。

 

 

最低限上記の用語知っておくと、

コピーライティング教材を読み進めても、

スムーズに進めると思います。

 

 

コピーライティングのシンプルな勉強方法

 

これからコピーライティングを学ぼうと思われるなら、

サイトやブログをたくさん閲覧することが一番の近道

 

 

でも、ただただ「へぇ~」と思いながら、

ダラダラと閲覧していては、それは時間の無駄。

 

 

閲覧の仕方としては、

 

 

自分のブログやサイトで情報を

アウトプットする(記事化)前提で、まずは閲覧すること。

 

 

「へぇ~」

「勉強になったわ~」

「ふぅ~ん」程度で見ていると、

 

 

情報が目から入り、

脳に到達する前に耳から抜け落ちていくようなものなので、

 

 

おっ!これは記事ネタになりそう

ブログ読者に喜ばれそうだな」と

 

 

アンテナを張るようなイメージで、

閲覧するようにしましょう。

 

 

そして、手当たり次第にブログやサイトを閲覧し、

以下のポイントに引っかかるものをチョイスしてみましょう。

 

 

読んでいて惹きつけられる文章

思わず紹介している商品を購入してしまいそうになった文章

 

 

この2つのポイントにピッタリ合う記事を見つかったら、

 

 

どんな文章の構成になっているか、

どんなフックを使っているか、

どんなトリガーワードを使っているか、などなど

 

 

あなたが

読んでいて惹きつけられる文章

思わず紹介している商品を購入してしまいそうになった文章

 

と感じた文章を徹底的に分解、解析してみましょう。

 

 

分解、解析といっても堅苦しい感でなくてもいいので、

 

 

あっ、この言い回しいいなぁ~」とか

この言葉の表現、神的だわ!」とか、

 

 

そんなレベルでもいいので、

惹き込まれた文章を細かく見てみましょう。

 

 

そんなことでいいの?と思われるかもしれませんが、

これがシンプルなコピーライティングの学習法の1つです。

 

 

コピーライティングでは、写経が一番の練習なのか?

 

コピーライティングを模倣する、

よく写経と呼ばれる方法がありますが、

これについては賛否両論あります。

 

 

それは、コピーライティング業界でトップに君臨する方々が、

あまり表舞台に現れないからです。

 

 

自分のブログやサイトを持ち、

商品やサービスを紹介することがなく、

 

 

外注として企業と契約をし、

コピーライティングの力をフルに発揮されているので、

 

 

そのあたりのブログやサイトを見ても、

トップの技術を写経することは困難だからです。

 

 

ですが、写経する模倣するということは、

コピーライティングの力を養うには、

とても良い練習だと私は思います。

 

 

上記でも説明したように

 

読んでいて惹きつけられる文章

思わず購入してしまいそうになった文章

 

と思ったものは、写経もしくは模倣すべきです。

 

 

言葉の使い方、文章の構成、フックの使い方。

 

 

写経(完全コピー)というよりも、

リライト(自分の言葉に変換)すること。

 

 

それがコピーライティングの力を養う第一歩になります。

 

 

 

コピーライティングで面白いほど上達するためには?

 

上達するには、

リライトしてみることが重要なんですが、

 

 

ここで一つ注意してほしいのは、

写経やリライトする際に、

ブログやサイトを1つに限定しないこと。

 

 

これから学ぶあなたは、

たった1つのブログやサイトの記事から

コピーライティングを学ぼうとすることは、

 

 

結局はそのブログやブログを手掛けた方の

劣化版模造品にしかなりません。

 

 

それだと同じような文章を書いてしまって、

 

 

あなたのブログの新たな読者にとって、

映画やテレビドラマのリメイク作品を見せられるようもので、

 

 

「なんか見たことある」

「いや、その展開わかってるし!」

 

どこかで見たことあるものは、

読んでる途中で飽きられてしまいます。

 

 

あなたはあなただけのコピーを見せるためにも、

複数のブログやサイトの制作者を写経、模倣し、

独自性やオリジナリティを出していく必要があります。

 

 

コピーライティングの上達法としては、

複数のサイトやブログを総合的に混ぜ合わせて、

融合(フュージョン)しながら模倣、リライトしていくこと。

 

 

たくさんのブログやサイトを閲覧しながら、

 

読んでいて惹きつけられる文章(ブログ)

思わず購入してしまいそうになった文章(サイト)

 

2つのポイントにあったものを3~5つ選びます。

 

 

サイト選びのポイント

自分が惹き込まれたサイトやブログを選ぶ時、

またはたくさん閲覧する時。

 

ネットビジネスをやっているんだから、

ビジネス関連だけに固執する必要はありません。

ビジネスの他にも好きなこと、関心があるもの。

 

スポーツ

アウトドア

ファッション

芸能

心理学などなど、

 

【あなたが惹き込まれるサイトやブログ】

を探すことが目的なので、

幅広いジャンルで探すと、より面白いブログやサイトがなりますよ。

 

選んだサイトやブログを先程も解説したように、

細かく分解、解析してみましょう。

 

 

あなたが選んだブログやサイトですので、

細かくチェックしていく作業も楽しくできるはずです。

 

 

さらにコピーライティングの力を養うこともできるので、

選ぶ・解析する作業は、けっこう楽しくできますよ。

(私は、この作業がたまらなく好きです(笑))

 

 

コピーライティングでの文章の書き方のコツ

 

模倣やリライト、写経、解析などなど

これまでお伝えしてきました。

 

 

さて、ここでコピーライティングの

基本的な文章の書き方について説明してきます。

 

 

アンドさん、実は高校の国語で赤点をとった経験が…

 

大丈夫ですよ。義務教育レベルの国語力があれば問題ないので。

 

 

ブログやサイトで、

コピーライティングというか文章を作るのに、

素晴らしい文章力が必要と思う方が多いようですが、

 

 

実はそんなに国語力・文章力は必要ありません。

 

 

義務教育レベル、中学1年生程度の国語力があれば

私は問題ないと思っています。

 

 

文章の書き方のポイントをチェック

 

記事を作成するため、気をつけてほしいポイントを

いくつか紹介していきます。

 

 

文章の冒頭は「イエスセット」

 

 

イエスセットというのは、

実際に会って話す場合にも使う手法で、

 

 

例えば

 

私「最近、寒くなりましたよね?」

あなた「そうですね、11月になって急に冷え込みましたね」

私「こんな寒い日は、家でのんびりとしたいですね?」

あなた「はい。けっこうインドア派なんで」

私「家でまったりテレビやマンガで見るのも楽しいですよね?」

あなた「そうなんですよ!今、ハマってるマンガがあって…」

 

というように、

 

 

「はい」「そうです」というYESを引き出すことで

何度も同意しているうちに、

相手の心理的バリアーが薄れ、安心感がでてきます。

 

 

相手と話す時も、記事を読んでくれる時も、

一番はじめは警戒心が少なからずあるものです。

 

 

そんな警戒心を解くことで、

次の話しを聞いてもらう、

次のコピーを読んでもらえることにつながります。

 

 

読み手は小5~中1

 

読者へ話しかけたり、説明する場合には

小学校高学年〜中学1年生でも通じるように

 

 

言葉を噛み砕いたり、

専門用語も少なくしたりと、

 

 

わかりやすさ重視で文章を作ると、

たくさんの方が読んだときにも

抵抗なくスラスラと読んでもらえます。

 

 

記事制作では、各ブレットにフックを効かせ、

最終的にクロージングを狙い、

構成を重視し、心理誘導を…なんて

 

 

俺、知ってるんだぜ!感を全面に出しすぎても

分かりづらいですし、けっこうウザいです(笑)

 

 

無意識に共通認識と思わない

(私の普通は、普通じゃない)

 

「俺が知ってることは、もちろん知ってるよなっ!」

読者を無視したような記事を書く人をけっこう見かけます。

 

 

私が知ってる≠相手もわかる

 

という思い込みは捨ててください。

 

 

友人と話していても

「この前のライブのセトリどうかと思ってさ…」

と話されたことがあったんですが、

 

 

私の心の中では『はっ?セトリ?』と一旦思考は停止します。

(セトリ=セットリスト)

 

 

業界やら好きな人は知ってるような言葉や

言い回しを使うような記事は、

 

 

きっと途中で読むのを止めたり、

読者の気持ちも冷めてしまいがちです。

 

 

文章を読み直しては、「もしかしたら分かりづらい?」と気を配り、

誰が読んでもわかりやすい文章を目指しましょう。

 

 

具体例を出す

(例え話てんこ盛り)

話しをする時もブログ記事に書く時も、

ただただ説明をするよりも、具体的な例を出したり、

 

 

会話のような流れ出したり、

読者がイメージしやすいような文章も取り入れてみましょう。

 

 

ブログで成果を出す人たちは、

この具体例がすこぶる上手いので、

 

 

そういったところもブログを閲覧する時にチェックしてみましょう。

 

 

ワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカム

(1記事に1つのメッセージ)

ワンマーケット(1つのマーケット)

ワンメッセージ(1つの一貫したメッセージ)

ワンアウトカム(1つの出口)

ビジネス系の記事の鉄則とも言えます。

 

 

1つの記事で、例えば

 

サラリーマン向けの副業が流行ってます。

私がオススメするのは、FX、せどり、アフィリエイト!

1日30分の作業で、誰にもバレずにこっそり稼げます!

FXの勉強するならコレ→URL(商材記事)

せどりを習得するならコレ→URL(商材記事)

アフィリエイトをマスターするならコレ→URL(商材記事)

 

というように、あれもこれもと紹介していると

結局何が稼げて、どの商材がいいんですか?となってしまいます。

 

 

決定回避の法則といいますが、

 

 

人の心理としては、

選択肢が増えれば増えるだけ選べなくなるというもの。

 

 

稼ぎたいからといって、

いろんなアフィリエイトURLを記事の中にペタペタと

 

 

いろいろと貼り付けてしまうのは、

結局何も選ばれなくなります。

 

 

1つの記事に対して必ず誘導したい、クリックしてほしいところ、

読者へ次に行動してほしいことは明確に、

 

 

それしかないですよ!というスタンスで、

記事を作成した方が、クリック率も上ります。

その分、チャンスも増えます。

 

 

コピーライティングの始め方まとめ

 

今回は、コピーライティングの始め方として、シンプルな学習法や

記事をつくる時の注意ポイントなどを説明しました。

 

 

これからブログやサイトで記事をつくるということは、

その先には、読者がいることを忘れないようにしましょう。

 

 

パソコンの前に座り、カタカタと画面に向き合いながら、

コーピーを片手に、眠い目をこすりながら、

必死に記事をつくることもあるかもしれません。

 

 

たった1人で孤独な作業かもしれません。

 

 

それでも、あなたの記事を求めている人、

これから読者になってくれる人、

あなたの情報を求めてい人はたくさんいます。

 

 

そういった方のためにも、

記事をつくる技術、スキルを磨くことは、

 

 

あなた自身のレベルアップにもなりますし、

報酬により近づきます。

 

 

そして、なにより読者の皆さんのためでもあります。

 

 

コピーライティングスキルを磨くことは、

あなたにとっても、読者にとってもプラスになることです。

 

 

そういったスタンスで、

ぜひこれからコピーライティングを学んでいきましょう。

 

ライティングならネットビジネス大百科 木坂健宣さんの音声だけで充分な価値(特典レビュー付き)

    

あなたのお名前とメルアドを下記に入力後、「確定」をクリックするだけ!

ブログ記事を内容をブラッシュアップするための無料レポートもプレゼント!

-ネットビジネス, コピーライティング

Copyright© アフィリエイトをリビングで家族と共に実践するアンドのノウハウ発信ブログ , 2017 AllRights Reserved.