SEO対策 ネットビジネス

seoに強いキーワード選定方法2018年版【選び方はGKPハック!?】

投稿日:

コンテンツマーケティングは、まずキーワードありき

アンドです。

今回の記事では、キーワードがなぜ重要なのかということを紹介していきます。

ブログビジネスは、大きなくくりにしてしまうと、
コンテンツマーケティングの1つです。

サイトやブログ内で記事や動画などのコンテンツを発信して、
紹介する商品やサービスを必要とする見込み顧客を集め、育成し、
売上につなげる手法が「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングって難しそうだなっと思っていながらも、
ブログやSNSなどに情報を書き、集客やSEO対策を意識的にも無意識的にも実践されている方は、多いのではないでしょうか。

文字や音声・動画などコンテンツを作成して、
コンテンツに見込み客を集めるために重要なのが「キーワード」です。

見込み客となる“潜在顧客”がいつもどんな言葉で、検索を行うのかを考えてキーワードを選んでいなかれば、
ブログが上位表示されたとしても訪問されませんし、たとえ訪問されても商品購入や登録にはつながらなりません。

なので、記事作成には、潜在顧客がどんなキーワードで検索しているか、
キーワードを使ってどんな記事を書く必要があるのか?という点を考えなければいけません。

 

稼ぐための文章力が神級レベルでも上位表示されないと意味がない

たぶんキーワードなんて何の役にも立たないよっ!と思ってブログに取り組んでる人はいないんじゃないかと思いますが、

記事や動画などのコンテンツでキーワードを考えないということは、ゴール地点を決めずに、汗をダラダラたらしながら、
フラフラになりながら「俺走ってる!」というドM的で満足しながらマラソンを走っているようなもので、

「高確率で成約できる高い記事を作っているはずなのに、見込み客からのアクセス数がまったく増えない。」という散々な結果になってしまいます。

もしあなたがこうしたSEOの問題を抱えているのならば、ターゲットとするべきキーワード選びを間違えています。どんなに優れたランナーでも道を間違えればゴールできません。

コンテンツ作成では、正しいキーワードを選ぶことはGoogleからのオーガニックトラフィック(自然に検索されブログが上位表示)を獲得するだけでなく、ライバルよりも多くの見込み客を集まることができます。

でも、ブログを運営している誰もが「キーワード」は重要だと思っていても、たいていの人が間違った方法でキーワードを選んでしまっているんですよね。

誤ったキーワード選定方法

・ターゲットユーザーが使いそうなキーワードをいくつかリストアップする。
・そのキーワードをキーワードプランナーで調べる。
・検索ボリュームと競合性を見てなんとなく良さそうなキーワードを選ぶ。

では、どんな方法でキーワードを選んでいくべきなのか?というと、、、

2018年にけっこう定着してきたキーワード選定方法の基準の1つとなるテクニックがあります。

そのキーワード選定テクニックが”GKPハック”(Google Keyword Planner Hack)です。

GKPハックのステップ

・狙っている市場で使用されている適切なキーワードを探す。
・ライバルが知らない競争度が低く、コンバージョンが高いキーワードを探す。
・選択したキーワードに最適化したコンテンツを作る。

 

SEOに強くするための複合キーワードと単一キーワードとは

キーワード選定をする際に失敗してしまうケースのうち一番多いのは、単一ワード(ビッグキーワード)を選定してしまう事です。
単一ワード、ビッグワードは検索ボリュームが桁違いに多く、最も効果的に思われます。

例えば、王道単一キーワード「ダイエット」にしても、単一で検索かけても約 3,210,000 件ヒットします。

 

検索 キーワード 稼ぐ

約 3,210,000 件もあれば、今から新しいコンテンツを作成したとしても、まずもって上位表示はムリです。不可能です。絶望的です。

では、複合キーワードとして3単語の組み合わせで考えてみます。
たとえば王道のダイエットに「二の腕 ぷよぷよ」を組み合わせると、約 8,280 件ヒットとなって、単一キーワードの約387分の1にまで下がります。

検索 キーワード 調べる

実際は、単一キーワードで上位表示を狙ったとしてもライバルだからけですし、上位表示させるコンテンツというのは初心者にとっては難しくが高く、労力と時間が必要です。

グーグルやヤフーの検索エンジンは、読者の求めている情報を予測して、「ダイエット」に関連度の高い順に表示してくれます。

単一キーワードの記事は検索エンジンも「読者が何を求めたらこの記事を表示しようか?」と判断が曖昧になってしまい、文字数が少ない記事だと上位表示がされません。

もし単一キーワードのコンテンツにするなら、「ダイエット」に関して豊富な知識を1ページのみに網羅した記事を書く必要があります。

例えば、1つのダイエット記事の中に相当数のトピックとオリジナルな視点、そしてコンテンツ量(文字数1万以上)

ですが、こういった単一キーワードでの記事の書き方は、ブログアフィリエイトを少しでも学んだことがある人なら知っているでしょうし、もちろん以前から実践されている人にとっては当たり前となっているテクニックなので、今から単一キーワードを狙うことは避けるべきです。

なので、今からコンテンツを作って上位表示させたいなら、まずライバルが比較的少ない難易度の低い複合キーワードで狙って、コンテンツを作る方が読者アップや成果にもつながりやすいです。

では具体的に、どうやってGKPハックが狙えるキーワードを探し当てられるか解説していきます。

 

SEOに強いキーワードを選定する方法(無料版)

無料のキーワード選定ツールといえば、誰でも無料で使える「Googleサーチコンソール」です。

ブログ運営をはじめた頃は、よくお世話になりました。

広告を出稿するための補助ツールとして、キーワードを選択にとても有効なツールです。

キーワードプランナー  google

 

メルマガ限定の読者には 紹介している方法ですが、よくキーワードプランナー関連キーワードツールを組み合わせていました。

キーワードプランナーでも、あなたが狙う市場で使用されている適切なキーワードを探し、【キーワード候補】に入力し、

1ヶ月で検索される平均数【月間平均検索ボリューム】の数値を確認します。

 

ブログ運営当初なら、1000〜1万を狙うべきです。多すぎず少なすぎずのバランスです。

でも、無料でキーワード選定ができることは、とても良いですが2つの問題があります。

問題点1

超関連キーワードしか生み出せない
キーワードプランナーは、検索したキーワードと関連性の高いキーワードしか生み出せません。

ダイエットにしても「食事」や「ドリンク」とかですね。

つまり、キーワードプランナーは、検索キーワードと間接的に関連するような創造性の高いキーワードを生み出すことに向いていないのです。(本来リスティング広告のためのツールだから仕方ありませんが。)

 

問題点2

すべての人に同じ検索結果を表示する
キーワードプランナーの最大の問題点は、すべての人に同じ検索結果を表示することです。

結局、無料は全員が使えてしまうので、似たり寄ったりの検索結果になってしまって、ライバルがその分増えてしまいます。

それにキーワードを探し当てるだけでも、いろんなパターンを試してみる必要があるので、時間も必要になってきます。

まぁ、最初は試練だと思ってやり続けることも大事なんですが、2つの問題点をクリアにするためにも有料ツールに使うことも、今後検討してほしいと思います。

 

SEOに強いキーワードを選定する方法(有料版)

無料のキーワードプランナーを使った方法を紹介しましたが、誰でも使える、超関連ワードしか結果が出ないといった2つの問題点があることも紹介しました。

僕もキーワードチェックするためにも使っているのがCOMPASS(コンパス)です。特典つきで紹介しているので、そちらの記事もぜひ。

COMPASS(コンパス)をアフィリエイトに使用する目的を徹底解明! 企画特典つきレビュー

コンパスの使い方については、どうがでチェックしてみてください。

僕もキーワード検索ツールはいろいろと試してみましたが、コンパスが一番効果的、かつ調べやすかったので今でも愛用しています。

コンパス以外での有名なツールとしては【キーワードスカウターS】【Pandora2】だと思います。

比較するための表も準備したので参考までに。

seo キーワード 選定 方法

ライバルチェック キーワード 選定

キーワード ツール compass 選定 方法

 

【番外編】タグ・キーワード・共起語でブログ記事のパワーを底上げ

検索し、探し当てたキーワードは、タイトルに入れることが必須ですが、タイトル以外にも使えます。

それがタグ、メタキーワード、メタディスクリプションの3項目です。この3項目のタグが一番効果的かと思いますが、以前と比べればgoogleの検索サイトでも重要視しなくなったと言われます。

それは、以前はまだ上位表示の判断プログラムの精度が低かったので、投稿された記事がどんな内容で、どんなキーワードと親和性が高いか、ちゃんと伝える目的がありました。

でも今はプログラムの制度も上がって、あまり重要視しないとなったようですが、僕としては3項目にもキーワードは入れたほうが良いと経験則としても実感しています。

せっかく探し当てたキーワードですから、3項目のような細部にまで活用した方が良いですし、小さなところかもしれませんが、細かなところがライバルとの差を生まれると思います。

 

seoに強いキーワード選定方法2018年版まとめ

今回は、キーワードについてお伝えしました。

あなたのコンテンツをより多くの人に発信するためにも、キーワード選定は必須です。

ですが、検索結果で上位表示をするためにはキーワード選定にプラスして、せっかくコンテンツに訪れた読者の役立つものが作れるかどうかも重要です。

これからブログを通して、読者の有益なコンテンツを発信することに力を入れ、そして、有益なコンテンツをキーワード選定を行い、より多くの人に見てもらいましょう。

そのためにもぜひ有益な有料ツールも検討してみてくださいね。

COMPASS(コンパス)をアフィリエイトに使用する目的を徹底解明! 企画特典つきレビュー

 

公式メールマガジン


“7つの特典で7桁報酬のスタートラインへ!”


経験と指導を含めた本格ブログアフィリエイトをお伝えします

詳細をチェック




ブログアフィリエイトで稼ぐなら3つで充分

裏ファイトクラブ

僕が爆発的に一気に上げられた裏ファイトクラブ。オンラインコースでも29,700円の破格な価格、しかも返金保証付き。指導してくれるのは8桁をブログで稼ぐ山口祐樹さんが直接指導。

激烈なWPテーマAFFINGER5(WING)

最強レベルのコストパフォーマンスを誇るアフィリエイターのためのWordpressテーマ「AFFINGER5(WING)」。複数サイト利用OK、アドセンス強化、SEO強化設定、PV数アップ、無期限アップデート、豊富なカスタマイズ性。このサイトもAFFINGERを使っています。

Compass:コンパス

ブログの命とも言える「キーワード選定」。これだけは断言しますキーワードは考えるより、探し出すもの。探し当てるならCompass(羅針盤)一択で大丈夫。

-SEO対策, ネットビジネス
-, , , , ,

Copyright© アンドブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.